未就学の時期に始めておいた方がよい勉強とはどんな種類

未就学の時期から子供に始めさせたほうが良い勉強の種類とは

このコラムをシェアする

未就学の時期に覚えさせたい勉強とは

では未就学のうちから子供に習わせたい勉強とは一体どのようなものがあるのでしょうか。
確かに現在では未就学児でも通える塾はあるので、通うこと自体にはなんら問題はありません。
学校へ行ったときのシュミレーションとしてなれておくのも悪くはないかもしれません。
ただ、実際に学校に通うようになるまでに身に着けておきたいことというのはいくつかあるでしょう。
それは45分じっとしていられる、先生の話を集中して聞ける、勉強に向かう市井を身につける、自分で時間が守れる、自分の持ち物を管理できるといったところでしょうか。その程度を身に付けておけばある程度学校へ行くようになっても順応できるものです。
子供の方が環境に対する適応能力は親より高いので心配することはありません。
しかし何も分からないは返って危険といえます。

とにかく人間の基本的な事が出来るように

とにかく人としての基本的なことが出来るようにしておくということが一番大事です。
幼児期に一番教えるべきことは時間がある程度読めるようになっておくこと、次に持ち物を自分で管理できるようになっておくこと、最低限ひらかなはある程度読み書きが出来るようにしておく、数を実際に数える体験をさせておく、この程度のことが出来るようになっていれば学校へ行くようになっても大丈夫でしょう。
全く何も分からないが一番危険なのである程度自分で基本の事はできる状態にしておくことが一番大事な勉強だと思います。
未就学の時期は頭の吸収力が一番高いときですから、目にしたものや触れたり聞いたりしたものはスポンジが水を吸うように吸収していきます。
しかし大事なのは人としての基本を身につけることなのでそこを集中的に勉強させる方向のほうが良いのではないかと思います。